株式会社 魚国総本社 トップメッセージ

“食”の可能性を広げ、みなさまの健康やくらしを豊かに。

2014年5月1日、魚国総本社はおかげさまで創業100周年を迎えました。これもひとえに皆様方の温かいご支援とご愛顧の賜物と厚く御礼申し上げます。

当社は、創業者である田所邦雄の「常にお客様に喜んでいただきたい」という想いからスタートしました。その後「お客様第一主義」という言葉を掲げ、そして「CS(顧客満足)経営」を前面に打ち出し、歩んでまいりました。表現は異なりますが、創業以来「お客様を大切にしよう」という姿勢を一貫し、その想いを従業員一同が共感・実践してきたからこそ、大正・昭和・平成の時代を乗り越え今日までこられたのだと自負しています。

そして次の100年に向けて、私たちは"魚国総本社ならではの強み"を改めて見つめ、様々な言葉として定義しなおしました。例えば『uniserv(ユニサーブ)』というサービスブランド、『おいしいをもっと。すこやかをずっと。』というブランドスローガン、新たな経営方針である『3S経営』など。これらはすべて、「魚国総本社にしかできない驚きや感動あるサービスを提供したい」という想いから生まれたものです。

私たちは、保育園にいる小さな赤ちゃんから、働き盛りのビジネスマンやOL、病院や福祉施設におられるお年寄りの方まで、ありとあらゆる場所と人へ、おいしくて健康的な"食"をお届けしています。365日どんな時にも食事を提供することで、人と社会の健康、くらしそのものを支えていく。それこそが魚国総本社の大きな強みであり、使命だと考えています。

これからも"食"の可能性を広げ、みなさまの健康やくらしを豊かにできる存在であるために。より社会から必要とされる存在価値のある会社であるために。私たちは日々努力を惜しむことなく、挑戦を続けてまいります。
今後ともどうぞ皆さまのご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 田所 伸浩